ローンの連帯保証人
0
    こんにちは、大阪・交野市の女性FP、前野彩です。
    http://www.fp-will.jp/

    連帯保証人。

    連帯保証人とは、直接お金を借りたわけではないのですが、借金を返済する義務をお金を借りた人と同様に負う人のことを言います。

    住宅ローンやアパートローン等で、連帯保証人となっているケースもあるので、相続が発生したときの連帯保証人のおかれる状況には注意しておきましょう。

    例えば、借金5,000万円、預貯金3,000万円を残してAさんが亡くなったとしましょう。
    Aさんの相続人がBさんだけである場合、Bさんが全てを相続すると、預貯金は相続できるものの、5,000万円の借金も相続するので、3,000万円もらっても、借金との差額2,000万円は自分のお財布から返済しなければなりません。

    これはちょっと嫌だし、困りますよね。

    そこで、亡くなった人が残した物が、預貯金のようなプラスの財産よりも借金のようなマイナスの財産が多い場合は、「放棄」という手段を選ぶことができます。
    これなら、借金の返済義務を負うこともないので、安心ですね。

    放棄は亡くなったことを知ったときから3ヶ月以内に行なわなければならないので、手続きをスムーズに行なう必要がありますが、実はこのときに注意したいのが、冒頭の連帯保証人。

    先ほどの例でAさんが亡くなって、預貯金3,000万円と借金5,000万円が残った場合、放棄を選ぶことができるのですが、Bさんが、Aさんのローンの「連帯保証人」になっている場合は、放棄をしても連帯保証人の返済義務はそのまま残るのです。

    つまり、放棄をしてもしなくても、連帯保証人の契約はそのまま残るので、借金5,000万円はBさんが自分で返済していかなければならないということ。
    もし、この連帯保証人の返済義務は放棄できない!ということを知らずに放棄すると、預貯金3,000万円もなくなってしまうので、大変ですよね。

    住宅ローンやアパートローンを組む時、連帯保証人をお願いしたり、お願いされたりすることもあるかと思いますが、相続を放棄しても連帯保証人の返済義務はなくならないので、ローンを組むときにはしっかり注意してくださいね。
    もちろん、離婚してもなくなりませんよ。


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
    チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪






    ■ 登録・解除フォーム

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。








    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
    「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
    社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
    | fpayachan | 税金 | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fp-will.jp/trackback/1049212