確定拠出年金と定期預金
0
    こんにちは、大阪・交野市の女性FP、前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」ですhttp://www.fp-will.jp/
    aya

    会社員の10人に1人が加入していると言われる「確定拠出年金制度」。
    これは、社員一人一人の確定拠出年金口座に、会社が「拠出」する掛け金が入金され、それを社員が自分で定期預金や保険、投資信託などで運用する退職金・年金積立制度です。

    確定拠出年金の研修もよく担当させて頂くのですが、「銀行が倒産したらどうなるか?」と言うこと等もお話させて頂いています。

    銀行が倒産した場合、法律で全額保護されるのは、「決済用預金」と「元本1,000万円とその利息」まで
    決済用預金とは、利息がつかない普通預金ですが、確定拠出年金では商品がないので、今回は確定拠出年金の運用商品である定期預金を取り上げますね。

    例えば、給料振込みなどのプライベートのA銀行の口座で800万円あるとします。
    そして、確定拠出年金の運用商品でも、同じA銀行の定期預金を選んだとします。
    そうすると、A銀行が万一破綻したとには、プライベートの口座のお金も、確定拠出年金のA銀行の商品も、全て一緒にして、「元本1,000万円とその利息」までしか法律では保護されません。

    会社によっては、違う制度から確定拠出年金に変更する時に、過去制度の退職金積立のお金を「制度移管金」として、移行します。
    その場合、会社に勤める年数が長いほど、移管金も300万円とか500万円とかまとまった金額になります。
    そのお金にさらに毎月毎月拠出してお金を運用していくので、場合によっては1,000万円を超えることも考えられますよね?

    万一銀行が破綻した場合を考えて、金額が大きくなりそうな場合は、プライベートの口座とは異なる銀行の定期預金を確定拠出年金で選ぶことをオススメします。

    こちらの「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」サイトでは、確定拠出年金を含めた家計相談や老後の資金相談も承っています。をクリックしてご覧ください。

    なお、2010年2月15日の私の誕生日まで、FP彩ちゃんサイトオープン記念として、ご相談料割引キャンペーンを実施いたしますので、詳しくは、FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵のホームページをご覧下さいませラブ
    ホームページのご感想やご相談のお問い合わせなども、どしどし、お待ちしております。
    (サイトはこのをクリックしてください)

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
    チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪






    ■ 登録・解除フォーム

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。








    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
    「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
    社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
       
       
    | fpayachan | 経済・資産運用 | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fp-will.jp/trackback/1163493