源泉徴収票の見方&所得税の計算の仕方 6/全7回
0
    こんにちは、大阪・交野市の女性FP、前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
    http://www.fp-will.jp/index.html
    aya

    いよいよこのシリーズも終わりが近づいてきました。
    今回は「住宅借入金等特別控除」、いわゆる、住宅ローン減税ってやつですね家

    この住宅ローン減税を年末調整で受けるためには、まずは住宅を買った翌年に確定申告をする必要があります。
    つまり、住宅を買って住み始めた年は年末調整で税金の清算ができないので、自分で確定申告をしなければならないのです。

    でも、2年目からは会社がやってくれるのがこの┐僚斬霄敍金等特別控除。

    2年後の年末調整の前の時期になると、住宅ローン控除にかかる書類(「年末調整のための住宅借入金(取得)等特別控除証明書」)が税務署から残り9年分、一気に郵送されてきます。
    これを9年間大事に保管しておいて、毎年1枚ずつ取り出して、年末調整のときに会社に提出するのです。
    (金融機関からも届く「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」も一緒に提出します。)
    なくさないように保管して下さいね。

    そうそう、よくある思い込みの一つに、ローン残高の1%が全額戻って来るというものがあります。
    「控除」というのは、差し引くということだから、税金を納めていないと差引けません。
    また、納めた税金以上には差し引けません。
    ざっくりいうと、ローン残高の1%とその年に源泉徴収された所得税の少ないほうが戻ってくるというように考えてくださいね(実際には様々な条件があります)。

    なお、住宅借入金等特別控除は、扶養控除や生命保険料控除のような所得控除ではなく、「税額控除」なので、税金から直接税額を割り引いてくれます
    人によっては、この制度で1年間の所得税がゼロになることも少なくありませんグッド
    税制上はかなりオトクな制度なので、きっちり手続きしておきましょう!



    祝もう2週間を切りましたが、FP彩ちゃんサイトオープン記念として、2010年2月15日の私の誕生日まで、ご相談料半額&割引キャンペーンを実施しております。
    2月15日までのご相談のご予約を頂いた方のみの特典ですので、FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵のホームページをご覧下さいませラブ
    ホームページのご感想やご相談のお問い合わせなども、どしどし、お待ちしております。
    (サイトはこのをクリックしてください)

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
    チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪






    ■ 登録・解除フォーム

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。








    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
    「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
    社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
       
      
    | fpayachan | 税金 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fp-will.jp/trackback/1191286