教育資金の準備方法
0
    こんにちは、大阪・交野市の女性FP、前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
    http://www.fp-will.jp/index.html
    aya

    関西圏にお住まいの方。
    ご自宅にリビングは届きましたか?

    昨日、あるいは本日届くリビングの特集は「子ども手当」ですが、その「子ども手当もらったら、子どものために使ってや!!」と、なんとも関西らしいタイトルで特集が組まれています。

    その中で、「学資保険選びの基準はいつ・いくら必要か」というミニテーマで、私のインタビューが載っていますので、ご覧いただけると嬉しいですグッド

    取材では、1時間ほどのインタビューだったのですが、それが「ギュッ」と濃縮果汁状態になっています。
    短い記事ではありますが、教育資金に悩む方へのミニミニ情報としてお役立て頂ければ光栄です♪

    今回の特集記事にもなった子ども手当は、お子さんがいらっしゃる家庭にご相談にうかがうと、必ずと言っていいほど登場する話題です。

    「本当にもらえるんですかね?」と半信半疑の方もいらっしゃれば、「本当にずっとでるんです?子ども手当を期待して2人目作るのは危険ですかね?」と、家計の経済状況を把握した上で質問される方も…

    関西では特に、私立小学校が増えてきていることもあり、できれば私立中学校・高校に通わせたい〜という保護者も少なくありません。
    ただ、「実際に公立と私立では、1年間で80万円ぐらいの差がありますよ」とお伝えしたとたんに、「公立でいきます!」と威勢良く?返事が帰って来ることもよくあります(笑)

    最近は、女性の出産年齢が高齢化していることもあり、子どもが大学行くころに親が定年〜というケースも増えていて、親としては、子どもの教育資金の準備と老後の準備がダブルでやってくる・・・なんてことも。

    親自身の老後の準備も同時進行で行うということを意識しながら、子どもの教育資金の準備も行なう…というのは、いろんな考え方があり、難しい問題ですが、少しでも早くから考えて頂くと、新しい選択肢が見えてくるかもしれませんねおてんき


    メールPCメールご相談が初めての方でも安心
    まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
    かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
    チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪






    ■ 登録・解除フォーム

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。








    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
    「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
    社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
       
      
    | fpayachan | 教育 | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fp-will.jp/trackback/1200062