弔いの気持ち
0
    こんにちは。
    大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
    http://www.fp-will.jp/mama.html
    aya

    一昨日の日経新聞の夕刊を見て、「死」と「弔いの気持ち」について考えさせられました。

    昔は檀家でお葬式をするのが当たり前だったようですが、私がお葬式に出るような年齢になってからは、葬祭業者のホール等でのお葬式がほとんど。

    記事には「葬儀でしかお寺と付き合うことがなくなった人々は、業者に紹介された僧侶から意味もわからないお経を読まれても、お布施を納める意味を見出せない」「焼香のBGMと化した読経など、形骸化した葬儀に危機感を抱く寺も少なくない」とありました。
    (日本経済新聞2010年4月26日(月)夕刊14面より一部抜粋)

    記事のとおり、お布施の意味を考えることもなく、お布施を単なる葬式料金の一部と考えれば、単なるモノとして高い安いの比較の対象になるでしょう。
    そうなると、価格が見えにくいものにお金を払うのはなんとなくスッキリしないような気持ちがするのかもしれません。

    ただ、この記事を読んだ時に、ある信仰心がある方が亡くなった時の話を思い出しました。

    亡くなった方と仲良くしていた親戚の方が、「●●ちゃんには、しっかりした戒名を付けてあげたかったけど、お子さんが“そんな高いのはいらない”と言って、一番安いのをつけたのよ。●●ちゃんは最後はいい戒名でおくってほしいって言ってたんだけどね・・・」としんみり話してくれたのです。

    亡くなった方と送る側の気持ちあっての戒名やお布施であることを改めて感じました。


    メールPCメールご相談が初めての方でも安心
    まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
    かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
    チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪






    ■ 登録・解除フォーム

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。








    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
    「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
    社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
       
     
    | fpayachan | 生活 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。