学生納付特例は大学院でも使えるの?
0
     大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
    http://www.fp-will.jp/mama.html
    aya

    「子どもが20歳になり、国民年金保険料の納付書が届きました。学生納付特例があるとは聞いたのですが、大学院に行く予定の人でも大学院まで使えるのでしょうか

    こんな質問を頂きました。

    ハイ、お気持ちよくわかります。
    と言っても、お子さんの気持ちですが・・・。
    私も大学時代、突如届いた国民年金保険料の意味が分からず、親に聞いた覚えがあるからです。

    さて、ここで出てきた「学生納付特例」とは、ざっくり言うと、次のような制度です。

    20〜60歳までの日本に住む人が国民年金保険料を納めるのは国民の義務だけど、20歳をすぎたと言っても、短大や大学、大学院生などは、収入が高くないよね?
    アルバイトしていても大変だと思うから、学生本人の所得が一定以下(「118万円+社会保険料」以下なら、国民年金保険料15,100円/月の納付を待ってあげましょう!

    と、こんな感じです。

    つまり、対象となるのは、大学生に限らず、短大でも、大学院でも、高等学校や高等専門学校、専修学校、各種学校も利用できます。

    申請は基本的には市町村役場ですが、学校によっては大学等の学校で申請できるところがあります。
    確認してみてくださいね。

    用意するものは、次のもの。
    ・国民年金手帳
    ・学生の証明書(学生証や在学証明書)
    (場合によっては、所得証明)

    なお、学生納付特例は毎年申請する必要がありますので、申請をし忘れないようにして下さいね!

    そして、この学生納付特例を利用するメリットと注意点は、10日(水)にお伝えいたします。
    だって、明日の第2火曜日は、メルマガ発行日ですから♪
    ご登録をお待ちしています。


    メールPCメールご相談が初めての方でも安心
    まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
    かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
    チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪
    https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=fpwill

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
    「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
    社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
       
     
    | fpayachan | 年金 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fp-will.jp/trackback/1276382