個人事業主の年金準備と節税プラン
0
     大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
    http://www.fp-will.jp/mama.html
    aya

    個人事業主のオトクな年金プランが知りたい!

    3回目の今日は、確定拠出年金個人型のご紹介です。

    確定拠出年金とは、名前のとおり、「確定」しているのは「拠出金」部分であるということ。
    つまり、自分で拠出する掛け金の額は毎月一定だけど、将来いくら年金を受取るかは、自分の運用次第で変わりますよ♪というものなんです。

    自分で出した積立額を、定期預金や保険、投資信託というグループから好きなものを選び、好きな割合で組み合わせて、自分で運用するというのが、確定拠出年金のポイントなのです。

    もちろん、自分で商品を選ぶ自由があるということは、その自己責任も自分で背負います。
    だから、選んだ投資信託が値下がりしてしまえば、将来は積み立てたお金よりも少ない金額しか受取れないかもしれませんし、運用がうまくいけば、積立額よりも大きなお金が受取れる期待もあります。
    いくらもらえるかは、自分の運用次第・・・というのがメリットであり、デメリットでもあるといえるでしょう。

    ただし、そのリスクがある分、税金上のメリットも大きいのがこの制度。

    確定拠出年金の個人型で積み立てるお金というのは、小規模企業共済等掛金控除の所得控除が使えます。
    つまり、税金を計算するときに、確定拠出年金の積立分として支払ったお金を差引いて計算してくれるので、節税にも役立つのです。

    個人事業主の場合は、月68,000円の掛金が上限なので、最大816,000円を税金をかけるモトから差引くことができるうえ、一旦支払っても将来、自分の年金や退職金としてお金が戻ってくるので嬉しい制度ですね。

    ただし。
    確定拠出年金は60歳までは原則引き出すことができません。
    急なお金の入用には対応できないので、ご注意を。
    (小規模企業共済のような貸付制度もありません)

    以上、今までに3つ制度をお伝えしましたが、老後のお金はコツコツ準備を重ねていくもの。
    目先の節税目的では将来お金が必要になって困ることもあるかもしれないので、個人年金にしろ、小規模企業共済にしろ、確定拠出年金にしろ、なが〜い目で続けていけるもの、精神的な負担の少ないものを選んでくださいね。


    メールPCメールご相談が初めての方でも安心
    まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
    かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
    チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪
    https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=fpwill

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
    「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
    社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
       
     
    | fpayachan | 年金 | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fp-will.jp/trackback/1276396