■がん診断給付金、2年経過でもらえるところ、もらえないところ
0
      大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。http://www.fp-will.jp/mama.html


    がん保険に興味を持つ方が増えてきています。

    最近のがん保険は、
    「がんと診断」されたことで100万円、というように,
    がんと診断されると、入院をしなくても診断給付金が支払われるものが多くなってきましたが、
    がん保険によっては入院しなければもらえないものもあるので、
    加入時にしっかりと説明を受けたり、約款を見たりして、確認してくださいね。

    なお、複数回がん診断給付金が出るタイプのがん保険では、
    1度がんが発見されて、2年経過後に「再発」や「転移」があった場合にも
    診断給付金を受け取ることができます。

    ただし、がんと診断されてから、
    2年以上ず〜っと同じがんの治療を続けているようながんの場合は、
    保険会社によって取扱いが異なります。
    (ここでは継続がんと呼びますね)

    保険会社の商品によって、
    継続がんでも、もう一度がん診断給付金を受け取ることができるものと、
    継続がんは対象外のもの
    があります。

    また、継続がんが再度のがん診断給付金の対象にはなるけれど
    入院しないと受け取れないものと、
    入院しなくても受け取れるもの
    、とあります。

    保険金は請求しないともらえないので、
    自分が保険料を支払っている保険がどんなタイプなのかを
    しっかりと知っておかなければ、いざというときにも使えません。
    がん保険の加入を検討される際には、確認してくださいね。

    どのタイプがあなたに合っているのかは、
    あなたの不安の度合いや貯蓄の額、考え方によって変わります。
    がん保険や医療保険の考え方に困ったときは、お近くのFPに相談してくださいね。




    | fpayachan | 保険 | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fp-will.jp/trackback/1276579