経済評論家の勝率と不安
0
    こんにちは、大阪・交野市の女性FP、前野彩です。
    http://www.fp-will.jp/

    「株価ってこれからどうなりますか?」

    最近、セミナーで質問されたり、主催者の側から「これからの予測について話していただけませんか?」なんて言われることが増えてきました。
    でも、経済の予測、プロもアマも当る確率は変わらないってご存知ですかびっくり

    テレビや新聞や雑誌では、年末や決算期末、株価の大きな動きが合ったときには、著名な経済評論家やアナリスト、FP等がコメントを寄せています。
    そこで、疑問に思ったことありませんか?
    「あれって本当に当ってるの?」って…。

    そこで見つけました!調査結果。
    カリフォルニア大学バークレイ校のフィリップ・テトロック教授が7年間に渡って、経済専門家の予測と素人の予測の結果を調査し続けた結果ですが(うろ覚えですが、その数約8万件)、その調査結果は…
    「経済専門家も素人も予測が当たる確率はまったく同じである」
    という結論に達したんですってひらめき

    途中のデータの蓄積はそれぞれにあるかと思いますが、結果論だけで見るとプロもアマも同じ勝率ということは、誰彼かまわず意見を求めてもあまり意味はないってことの裏返しのように思いませんか?

    例えば、自分なりに調べて、考えて、予測して、「今が底と思うから買い時だ!」と思っても、やはり人は自分の考えだけでは不安になります。
    そこで誰かに聞いて安心したいんですよね。
    聞いた相手が、「そろそろ底と思うんだけどね」と言えば、「私と同じ考えだ!やっぱり今が買い時なんだ!間違ってなかった!」と安心して買うのでしょうし、聞いた相手が、「まだまだ荒れると思うよ」なんて答えると、「そうかぁ。じゃぁまだ買うには早いのかなぁ。聞いてよかった!」って思うのかもしれませんし…。

    「Aさんはこう言っているけど、Bさんは反対のことを言っています。前野先生はどうですか?」って聞いてくる方も稀にいらっしゃいますが(苦笑)、根拠となる情報を集めるのにはいいですが、評論家録を作っても意味はないので、私自身が参考にする予測(意見)は、その人自身を信頼できる方に限っています。
    ヘンな言い方をすれば、「あの人の予測ではずれるなら、仕方がないか。自分だったらもっとヘタ打ってたかもしれないから…」と納得できる相手ってことでしょうか(笑)。

    私もファイナンシャル・プランニング(FP)として、人として、お客様に信頼をして頂けるよう日々研鑽に努めますので、皆様これからもよろしくお願いいたします。
    | fpayachan | 経済・資産運用 | 09:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    金融の世界って、「素人が手を出しちゃいかん!」みたいな領域ってあるじゃないですか。先物相場とか。
    でも、素人でもFXで勝って本出したりしてるし(話が本当かどうかはともかく)、プロも素人も一緒なんかなぁと。

    そういう意味では、投資信託のメリットのひとつ、「プロによる運用」っていうのは、個人的にはいぶかしく思っているのですが。

    でも、ひとつ言えるのは、なんでも中途半端にしか知らずにやると、必ず負けるんだろうなということ。
    いろんな総合的な知識がいるんでしょうね。

    私なんかまだまだ・・・。
    | esher | 2008/10/29 1:52 PM |
    esherさん

    いつもコメントありがとうございます。
    嬉しく拝見しています。

    相場は、情報量が多そうなプロ有利と私も最初は思っていましたが、「素人だからビギナーズラック!」っていうのもない代わりに、「プロに華を持たせてあげよう」っていうこともないから、ある意味、市場での取引って素人にとってもプロにとっても公平なチャンスを与えてくれる場なのかも…って最近思うようになりました。

    でも、私なんかまだまだ…。
    株価下落で静観中です(静観するしかないという声も…)
    | 前野彩 | 2008/10/29 11:59 PM |









    http://blog.fp-will.jp/trackback/856259