■危うくムダなお金を払うところでしたキャンペーン&読者レビュー■
0
    大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。http://www.fp-will.jp/mama.html
     

    9月28日に「危うくムダなお金を払うところでした 〜知らなきゃ大損!家計の新ジョーシキ」が発売されて、早3日。
    有難いことに、キャンペーンの応募が少しずつ増えてきました

    本を買う前って、「どんな内容なんだろう」って、いい意味で不安になるかと思いますが、拙著をご覧くださった方のレビューを見て、手に取って頂ければ幸いです。


    ■若林正史さん■
    とにかく、いつも読み易く解りやすい!
    身近に起こるお金の疑問や分からない事、
    面倒でそのままになってしまいがちな事、
    何となくそのままにしてしまってる事を教えてくれる入門書的な本で、
    とりあえず読んで見て、心当たりのある所がある方は、
    そこを掘り下げて調べたらきっと無駄を無くせますね!
    私は仕事に役立てる事が出来るので必携の本ですo(^▽^)o

    ■上田昌一さん■
    身近なことなんだけど改めて教わる機会なんてない…けれど知ると知らないでは大違い、
    という内容が一杯詰まっていました。
    世の中が複雑な仕組みになっているだけに、おうちのお金のことも決して例外じゃない。
    家計を預かる人だけで無く、多くの人にとっても読む価値のある内容だと思います。

    ■黒澤津久美子さん■
    きっかけは 裏野さんのフェイスブックをみて知りました。
    本当にわかりすくて おもしろくて大学生の娘もあっという間に読んでいました。
    これで娘が独立してもしっかり生きていってくれるかな(^^;

    (掲載許可を頂いています)

    本にも登場するライフイベント表や、特別セミナー無料ご招待があたるキャンペーンはコチラです♪
    http://www.fp-will.jp/mama_ayauku_201209.html


    | fpayachan | - | 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ■危うくムダなお金を払うところでした■キャンペーンスタート
    0
       

      大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。http://www.fp-will.jp/mama.html


      お金のことって、気になるけれど、人には聞きにくかったり、相談しにくかったりしませんか?


      わたしは、お金に無知だったために、

      □雇用保険の制度をしらなかった!

      □加入していた保険会社が破たんした!

      □生命保険をそのまま入っていたらトータル1,000万円超を払うところだった!

      □住宅ローンの利息を800万円ムダに払うところだった!

      □パートナーの給料明細にも出ないへそくりに気が付かなかった!

      ということがありました。

      でも、お金の知恵を持つと、これらが全部スッキリ!解決して、変わるのです。


      元気な明日をつくるマネーのレシピ♪

      9月28日に発売される

      危うくムダなお金を払うところでした

         〜知らなきゃ大損!家計の新ジョーシキ〜」(産経新聞出版)には、

      私の失敗体験談と共に、働く女性に知って頂きたいお金の知恵が70つまっています。



      女性なら誰しも一度は考えたことがある、こんな悩み。


      □結婚する or しない

      □仕事を続ける or 辞める

      □子どもを産む or 産まない

      □離婚する or しない

      □パートにする or 正社員になる or 起業する

      □保険に入る or 入らない

      □家を買う or 買わない


      などなど、こんな悩みに女性の立場から、そして女性が使える社会保険制度などを織り込んでいます。

      また、わたしのお友達の女子FPさんが語ってくださったセキララ体験は、人には聞けないお金の体験談が学べます。

      ■仕事の選択

      ■ライフスタイルの選択

      ■家計とマネープラン

      ■生命保険の選択

      ■住まいの選択

      と、さまざまな選択をするうえで、知っておいてほしい知恵が満載です。
      少ない情報のまま悩む前に、正しい知識を確認して頂いて、あなたがキラリ☆輝く方法を選んでくださいね。
      そのお役にたてれば嬉しいです。


      出版を記念して、

      10月14日までにご購入の方には、キャンペーンプレゼントがあります♪

      プレゼント応募者全員プレゼントプレゼント

      ライフイベントシート

      女性FP特別セミナーご招待(大阪開催)


      そして、各FPからは…

      ・著者:前野彩からは、相談料割引特典&Waku♪Waku♪お金力アップセミナー割引
      中野庸起子FPからは、相談料割引特典

      高見みほこFPからは、がんのセミナー特典
      があります。


      ぜひ、この機会に手に取って頂き、キャンペーンに応募してくださいね♪
      キャンペーンサイトはこちらから

      http://www.fp-will.jp/mama_ayauku_201209.html

      | fpayachan | キャンペーン・割引情報 | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ■パートで厚生年金に加入すると・・・
      0
         

        大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。http://www.fp-will.jp/mama.html


        さて、「パートで社会保険に加入すると?」の3回目です。


        厚生年金に加入すると、お給料から厚生年金保険料が差し引かれます。

        そして、その差し引かれた厚生年金保険料と同じだけの金額を、実は会社も払ってくれているので、その分、老後の年金は、手厚くなります。


        老後だけではなく、もしも障害状態になった時も、国民年金の第3号被保険者のままなら、障害等級1級や2級の状態でしか受け取れませんが、厚生年金なら、それよりも軽い3級の状態でも障害厚生年金がもらえますし、それよりも軽くても、一時金として、お金を受け取ることができます。


        また、あなたが亡くなった時も、その時に残された家族の年齢や状況によっては、遺族が遺族厚生年金を受け取ることができます。


        パートから社会保険料が惹かれるようになると、どうしても手取りのお金が減ってしまうので、マイナス面に目が生きがちですが、プラスの面もあります。

        両方の面を知ったうえで、働き方の選択をしてくださいね。



        (c) .foto project
        | fpayachan | 生活 | 07:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ■パートの社会保険で何が変わるの?
        0
           大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。http://www.fp-will.jp/mama.html


          前回は、パートの人も社会保険に加入になるケースが出てくることをお伝えしました。

          今回は、加入することでのメリットもお伝えしますね♪

          まず、自分で健康保険料をはらうようになることで、「傷病手当金」や「出産手当金」の権利ができます。

          傷病手当金は、連続3日休んだ4日目からお給料がでないときに、お給料の3分の2の補償をしてくれる制度。
          扶養のときにはない制度なので、長期入院や長期療養のときに、助かりますよね。

          そして、出産手当金は、出産前42日、出産後56日の範囲で、休んでお給料がでないときに、お給料の3分の2を補償してくれる制度です。

          これによって、仕事を休む金銭的な不安が少し軽くなりますよね♪

          もし、健康保険に加入する先が、組合健康保険の場合なら、組合によっては高額療養費の自己負担が少なることもあります。
          しっかりとチェックしておいてくださいね。

          厚生年金に入ることへのプラスメリットは、また次回にお伝えします^^。
          | fpayachan | - | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ■パートの社会保険が変わります。
          0
            大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。http://www.fp-will.jp/mama.html


            40代の共働き率は約50%です。
            その中に、パートの方ももちろんいらっしゃるわけですが、平成28年10月から、パートの社会保険の制度が変わります。


            (c) .foto project


            この改正で支出が減る人と、増える人の2パターンが生まれます。
            毎月10万円の収入がある人で考えてみましょう。

            まず、支出が減る人。
            たとえば、ご主人が自営業などで、自分で国民年金保険料などを払っている人や、夫が会社員でも扶養の範囲を超えて、自分で国民年金保険料や国民健康保険料を払っている人は、厚生年金になることによって保険料負担が安くなります。


            次に、支出が増える人。
            今まで会社員の夫の扶養の範囲で働いていて、年金保険料や健康保険料を納める必要がなかった人です。


            では、どんな人がこの改正の影響を受けるかというと・・・
            従業員500人超の会社で
            週20時間以上働き
            月収8.8万円以上の収入がある人

            です。

            実際にスタートするのは4年後なので、今すぐ何かが変わるものではありませんが、多くはない収入の中から厚生年金保険料や健康保険料を納めるぐらいなら、正社員でバリバリ働くところを探そう!と考える人もいれば、セーブしよう…という人もらっしゃると思うので、自分の働く方針を決める準備期間にしてくださいね。

            もちろん、厚生年金保険料、健康保険料を納めることのメリットもあるので、次回お伝えしますね。

            | fpayachan | 生活 | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |