個人事業主の年金準備と節税プラン
0
     大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
    http://www.fp-will.jp/mama.html
    aya

    個人事業主のオトクな年金プランが知りたい!

    3回目の今日は、確定拠出年金個人型のご紹介です。

    確定拠出年金とは、名前のとおり、「確定」しているのは「拠出金」部分であるということ。
    つまり、自分で拠出する掛け金の額は毎月一定だけど、将来いくら年金を受取るかは、自分の運用次第で変わりますよ♪というものなんです。

    自分で出した積立額を、定期預金や保険、投資信託というグループから好きなものを選び、好きな割合で組み合わせて、自分で運用するというのが、確定拠出年金のポイントなのです。

    もちろん、自分で商品を選ぶ自由があるということは、その自己責任も自分で背負います。
    だから、選んだ投資信託が値下がりしてしまえば、将来は積み立てたお金よりも少ない金額しか受取れないかもしれませんし、運用がうまくいけば、積立額よりも大きなお金が受取れる期待もあります。
    いくらもらえるかは、自分の運用次第・・・というのがメリットであり、デメリットでもあるといえるでしょう。

    ただし、そのリスクがある分、税金上のメリットも大きいのがこの制度。

    確定拠出年金の個人型で積み立てるお金というのは、小規模企業共済等掛金控除の所得控除が使えます。
    つまり、税金を計算するときに、確定拠出年金の積立分として支払ったお金を差引いて計算してくれるので、節税にも役立つのです。

    個人事業主の場合は、月68,000円の掛金が上限なので、最大816,000円を税金をかけるモトから差引くことができるうえ、一旦支払っても将来、自分の年金や退職金としてお金が戻ってくるので嬉しい制度ですね。

    ただし。
    確定拠出年金は60歳までは原則引き出すことができません。
    急なお金の入用には対応できないので、ご注意を。
    (小規模企業共済のような貸付制度もありません)

    以上、今までに3つ制度をお伝えしましたが、老後のお金はコツコツ準備を重ねていくもの。
    目先の節税目的では将来お金が必要になって困ることもあるかもしれないので、個人年金にしろ、小規模企業共済にしろ、確定拠出年金にしろ、なが〜い目で続けていけるもの、精神的な負担の少ないものを選んでくださいね。


    メールPCメールご相談が初めての方でも安心
    まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
    かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
    チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪
    https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=fpwill

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
    「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
    社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
       
     
    | fpayachan | 年金 | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    個人事業主の年金準備と節税プラン
    0
       大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
      http://www.fp-will.jp/mama.html
      aya

      個人事業主のオトクな年金プランが知りたい!

      ということで、昨日はなじみの深い、会社員の方も利用できる「個人年金保険」の加入方法をご紹介しました。

      そこで今日は…小規模企業共済をご紹介します。

      小規模企業共済とは、従業員が20人以下(業種によっては5人以下)の個人事業主や会社の役員が加入できる退職金&年金制度です。

      基本は積立なので、毎月1,000〜7万円の中で自分で金額を決めて貯蓄をします。
      そして、将来自分が廃業した時や退職した時に、そのお金を年金や退職金、あるいはその組み合わせで受取れるという制度です。

      そしてこの制度の嬉しいところは、「小規模企業共済等掛金控除」が使えるということ。

      小規模企業共済等掛金控除を使うと、1年間に支払った掛け金の総額を、税金をかけるモトから差引いてくれるので、将来の積立をしながら、節税ができるということなのです♪♪♪

      一石二鳥ですし、手続きも銀行に足を運べば、1回で簡単にできちゃいます。

      ただ、注意点も・・・。
      掛金の増減は事情を伝えれば理解してもらえるのですが、途中で解約する場合は、240ヶ月(20年)かけていないと元本割れしてしまいますので、ご注意を。

      小規模企業共済についての詳しい情報は、こちらをご覧下さい。

      明日は・・・確定拠出年金(個人型)についてお知らせする予定です。


      メールPCメールご相談が初めての方でも安心
      まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
      かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
      「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
      チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪
      https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=fpwill

      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
      お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
      「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
      社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
         
       
      | fpayachan | 年金 | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      個人事業主の年金準備と節税プラン
      0
         大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
        http://www.fp-will.jp/mama.html
        aya

        個人事業主のオトクな年金プランが知りたい!

        ・・・私も知りたい♪

        ということで、今日から自分で事業をされていらっしゃる方、あるいは、これから開業予定の方への老後の年金&節税制度をいくつかご紹介していきます。

        まずは、個人事業主でなくても、一般の会社員などでも使える制度が、民間の保険会社の「個人年金保険」です。
        個人年金保険は、その名前のとおり、老後の年金資金を今からコツコツ積み立てていく保険です。
        基本的には積立なので、保険会社によっては、健康状況に関係なく加入できるところもあります。

        ただし、個人年金保険に加入することと、個人年金保険料を使えるかどうかは、別問題なので、注意が必要です。

        個人年金保険料控除を利用するためには、次の条件を満たさなければならないので、加入時にはしっかり確認してくださいね。

        スペード年金を受け取る人(例:妻)が、保険契約者(夫)または配偶者(妻)のいずれかで、被保険者(妻)と同一人であること。
        スペード保険料の払込期間が10年以上であること。
        スペード一生年金を受け取ることができる終身年金である。また、確定年金、有期年金の場合は、年金支払い開始日における被保険者の年齢が60歳以上で、かつ年金の支払いが10年以上の期間にわたって定期的に行なわれること

         ※確定年金とは、10年間というように最初に期間を決めると、途中で亡くなった場合は残りの期間のお金を遺族が受け取ることができるのでもらいっぱぐれがない年金のこと。
         ※有期年金とは、最初に期間を決めると、その期間に生きている間だけ受け取ることができる年金のこと


        そして、個人年金保険料控除は、年間10万円の保険料を支払って、最大5万円の所得控除となります(所得税が5万円、住民税3.5万円)。
        「所得控除」なので、税金を計算するモトとなる所得から5万円をひいてくれるだけであって、税金を5万円割り引いてくれるわけではありませんので、「個人年金保険に入ったら5万円税金が安くなる」という思い込みには注意をしてください。

        ※この個人年金保険料5万円の所得控除額は、平成24年1月1日以降に加入したものから、控除額が最大4万円になります(医療介護保険料控除の創設により、合計額は12万円に変更)

        運用面から考えると、運用魅力にやや欠ける個人年金保険ですが、税率の高い方は、節税分も考慮して加入を考えてみると、新たな魅力が見えるかもしれません。


        メールPCメールご相談が初めての方でも安心
        まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
        かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


        ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
        「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
        チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪
        https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=fpwill

        ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
        お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
        「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
        社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
           
         
        | fpayachan | 年金 | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        付加年金に加入できる人は・・・
        0
           大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
          http://www.fp-will.jp/mama.html
          aya

          さて、昨日お伝えしました、回収率のたか〜い付加年金。
          けっこうオトクでしたよね♪

          でも、この付加年金に加入できる人は、実は限定されているんです。

          この付加年金に加入できる資格がある人。
          それは・・・

          国民年金の第1号被保険者のみ。
          それも、自分で毎月、国民年金保険料15,100円を支払っている人だけなんです。

          だから、第1号被保険者であっても、学生納付特例や若年者納付猶予制度、免除を利用している人などは、ベースとなる国民年金保険料を支払っていないので、その上乗せとなる付加保険料を払う資格がありません。
          もちろん、会社員や公務員などの国民年金第2号被保険者、専業主婦等の国民年金第3号被保険者の人は付加保険料を納める資格がありません。

          自営業や学生、フリーターの方向けの上乗せ微増年金と位置づけてくださったらいいかと思います。

          なお、回収率の良い付加年金ですが、物価スライドがありません。
          つまり、65歳になったときに、どんなに物価が上がっていたとしても将来受取る年金額は、200円×納付月数で計算されるところも、インフレ時代になると思えばリスクかもしれませんね。

          でも、それも含めて、2年生きれば元がとれるというのは魅力です(笑)


          メールPCメールご相談が初めての方でも安心
          まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
          かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


          ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
          「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
          チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪
          https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=fpwill

          ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
          お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
          「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
          社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
             
           
          | fpayachan | 年金 | 06:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          オトクな付加年金
          0
             大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
            http://www.fp-will.jp/mama.html
            aya

            「国民年金を支払う際に400円の付加保険料を支払うと、10年払ったら年額24,000円の年金をプラスしてもらえると聞きました。月額400円追加して支払うだけで、将来こんなにもらえるものなんでしょうか?」


            先週から年金の質問が超人気です。

            まずこのご質問の年金のことを「付加年金」といいます。

            仕組みとしては、毎月の国民年金保険料15,100円に400円の付加保険料を追加して、合計15,500円を支払います。

            すると・・・65歳になって、老齢基礎年金を受取る時に、今まで納めた月数に応じて、付加年金も一生受取ることができるのです。

            将来受取る額の計算は、200円×納付月数

            つまり、その回収率はとても良い!
            なんせ、2年生きたら元が取れる(笑)なので、額は高くはないけれど、率はかなりお得です。

            例えば、20歳から60歳までの40年間、国民年金保険料と付加保険料を納めたとしましょう。
            すると、支払った付加保険料の合計は、400円×12ヶ月×40年間=192,100円。
            将来もらう時は、200円×12ヶ月×40年分=96,000円。
            2年生きると、192,100円になるので、支払った保険料と受取った保険料がトントン。
            そして、3年目以降は純粋なプラスなので、長生きすればするほどオトク♪という制度なのです。

            嬉しいですよね〜♪

            でも。
            実は、このお得な付加保険料を納めることができる人は、限定されているのです。

            続きは明日^^。


            メールPCメールご相談が初めての方でも安心
            まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
            かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


            ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
            「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
            チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪
            https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=fpwill

            ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
            お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
            「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
            社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
               
             
            | fpayachan | 年金 | 06:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            学生納付特例を追納しなかったら?
            0
                 大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
              http://www.fp-will.jp/mama.html
              aya


              「学生納付特例を利用したけれど、追納しなかったら、将来年金はいくら減るんですか?」

              先日シリーズ?で終わった学生納付特例の記事をご覧下さった方からの新たな質問です。

              実は、学生納付特例で追納しなければ、将来受取る老齢基礎年金に反映される金額は・・・ゼロ!。
              はい、一切反映されないのです。

              反映されないってどういうこと?
              つまり、追納しなかった月数分だけ、将来もらえる年金が減ってしまうのです

              本来は20歳〜60歳まで40年間、つまりは480月分保険料を納める義務があり、480月分全部保険料を納めていると、65歳から年間で792,100円の年金を受け取ることができます。

              480月払って792,100円ということは、単純計算にすると、1ヵ月あたり約1650円
              つまり、1ヵ月追納しないと、将来の年金が1ヵ月ごとに1650円減っていく!ということになるのです。

              学生納付特例を利用した期間は、年金を受取るための受給資格期間には計算してもらえるけれど、追納しなければ、年金額を計算する時には、未納と同じ扱いになるので、要注意です。

              皆さんも将来もらうことができる年金額は、(今までに納めた月数+これから60歳までに納める月数)×1650円で計算すると、目安が分かりますよ。

              ※年金額は平成22年度の額なので、将来は変更します。


              メールPCメールご相談が初めての方でも安心
              まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
              かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


              ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
              「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
              チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪
              https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=fpwill

              ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
              お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
              「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
              社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
                 
               
              | fpayachan | 年金 | 06:30 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
              学生納付特例の注意点
              0
                  大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
                http://www.fp-will.jp/mama.html
                aya

                気が付けば、ちょっとした3回シリーズになった「学生納付特例」。
                この制度を利用する際の注意点について、最終回の今日はお伝えします。

                学生納付特例は、あくまでも「一定の収入ができるまで国民年金保険料の納付を待ってあげましょう」という制度。
                だから、「待ってもらっている間に、保険料を払わないと、将来自分がもらう年金が少なくなる!」ということになってしまいます。

                この待ってくれる期間に払うことを「追納(ついのう)」と言いますが、その期間は10年。
                つまり、10年経ったら、納めたくても納められなくなるのです。

                さらに!
                この10年待ってくれるという制度も、無利息ではありません。
                基本的には、本来納めなければならない期限から2年を超えると、利息がかかってきます
                (正式には、利息ではなく、追納加算額といいます)

                というわけで、追納する場合は、昔にもらった納付書がそのまま使えるわけではないので、日本年金機構に納付書を発行してもらってから納めることになります。
                ちょっと面倒かもしれませんが、将来のことを考えて、早めに納める方が得策かと思います。

                「待ってもらえるも〜ん。手続きしてるも〜ん」と油断していると、払うときに利息がついたり、払わなかったら将来年金が減る恐れもあるので、要注意です。

                なお、最後になりましたが、学生納付特例の申請用紙はこちらです。
                http://www.sia.go.jp/top/gozonji/gakutoku_shinsei.pdf

                苦しい時は賢く制度を利用して、払えるようになったらスッキリ払う!
                これで、万一の障害も遺族も老後も安心ですよ♪♪♪


                メールPCメールご相談が初めての方でも安心
                まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
                かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


                ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
                「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
                チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪
                https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=fpwill

                ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
                お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
                「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
                社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
                   
                 
                | fpayachan | 年金 | 00:36 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
                学生納付特例のメリット
                0
                   大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
                  http://www.fp-will.jp/mama.html
                  aya

                  さて、今日は「子どもが20歳になり、国民年金保険料の納付書が届きました。学生納付特例があるとは聞いたのですが、大学院に行く予定の人でも大学院まで使えるのでしょうか」という、学生納付特例の続きです。

                  学生納付特例については、こちらをご覧下さいませ。
                  http://blog.fp-will.jp/?day=20101108

                  学生納付特例のメリットは、何と言っても、 国民年金保険料を毎月納めなくても良くなる」ということでしょう。

                  そして、毎月国民年金保険料を払っていなくても、学生納付特例の手続きをしていれば、単なる未納・滞納ではないので、◆学生納付特例の期間は、年金をもらうための受給資格期間にもカウントされる」のです。

                  年金は、25年=300月の受給資格期間を満たさないと、老後の年金を受取ることができません。
                  受給資格期間とは、納付済み期間と免除期間の合計を計算します(カラ期間が発生する方もいます)。
                  ただ、学生納付特例の手続きをしている期間は、制度を足蹴にせずにきちんと年金のことを考えて行動した期間として扱ってくれるので、保険料を払っていなくても「免除期間」として、カウントしてくれるのです。
                  (ただし、追納しないと将来もらう年金は少ないままです・・・明日アップしますね)

                  最後のメリットは、「障害状態2級1級になったような場合には、障害基礎年金がもらえる」ということ。

                  学生納付特例を利用すると、保険料を納めていないのとはワケが違うので、障害状態などの要件を満たした場合は、障害基礎年金を受取ることができるので、万一の際も安心なのです。

                  このように、国民年金は、国民が健康で文化的な最低限の生活を営むための保障を作ってくれているわけですから、納める時はしっかり納める、納められないなら無視するのではなく、きちんと申請をすることが大切なのです。

                  ただ、払わないままでラッキー♪というわけではありません。
                  明日はその注意点をお伝えいたしますので、お楽しみに♪


                  メールPCメールご相談が初めての方でも安心
                  まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
                  かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


                  ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
                  「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
                  チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪
                  https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=fpwill

                  ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
                  お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
                  「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
                  社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
                     
                   
                  | fpayachan | 年金 | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  学生納付特例は大学院でも使えるの?
                  0
                     大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
                    http://www.fp-will.jp/mama.html
                    aya

                    「子どもが20歳になり、国民年金保険料の納付書が届きました。学生納付特例があるとは聞いたのですが、大学院に行く予定の人でも大学院まで使えるのでしょうか

                    こんな質問を頂きました。

                    ハイ、お気持ちよくわかります。
                    と言っても、お子さんの気持ちですが・・・。
                    私も大学時代、突如届いた国民年金保険料の意味が分からず、親に聞いた覚えがあるからです。

                    さて、ここで出てきた「学生納付特例」とは、ざっくり言うと、次のような制度です。

                    20〜60歳までの日本に住む人が国民年金保険料を納めるのは国民の義務だけど、20歳をすぎたと言っても、短大や大学、大学院生などは、収入が高くないよね?
                    アルバイトしていても大変だと思うから、学生本人の所得が一定以下(「118万円+社会保険料」以下なら、国民年金保険料15,100円/月の納付を待ってあげましょう!

                    と、こんな感じです。

                    つまり、対象となるのは、大学生に限らず、短大でも、大学院でも、高等学校や高等専門学校、専修学校、各種学校も利用できます。

                    申請は基本的には市町村役場ですが、学校によっては大学等の学校で申請できるところがあります。
                    確認してみてくださいね。

                    用意するものは、次のもの。
                    ・国民年金手帳
                    ・学生の証明書(学生証や在学証明書)
                    (場合によっては、所得証明)

                    なお、学生納付特例は毎年申請する必要がありますので、申請をし忘れないようにして下さいね!

                    そして、この学生納付特例を利用するメリットと注意点は、10日(水)にお伝えいたします。
                    だって、明日の第2火曜日は、メルマガ発行日ですから♪
                    ご登録をお待ちしています。


                    メールPCメールご相談が初めての方でも安心
                    まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
                    かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


                    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
                    「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
                    チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪
                    https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=fpwill

                    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
                    お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
                    「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
                    社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
                       
                     
                    | fpayachan | 年金 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    専業主「夫」家庭の死亡
                    0
                      大阪・交野市の女性FP(ファイナンシャル・プランナー)前野彩です、もとい「FP彩ちゃん」です。
                      http://www.fp-will.jp/mama.html
                      aya

                      本日が専業主「夫」家庭の死亡シリーズ最後です。

                      最後のパターンとして・・・
                      妻が会社員、夫が専業主「夫」で妻の扶養になっていて(第3号被保険者)、18歳未満の子どもがいる場合の家庭で、夫が亡くなった場合の遺族年金はどうなるのでしょう?

                      遺された家族は「子」「子のある妻」になるので、一見すると「もらえるでしょ?」って感じなのですが、残念ながら、この場合は遺族基礎年金を受け取ることができません。
                      遺された妻が会社員として働く収入で子どもを育てていくことになります。

                      第3号被保険者の場合、その人本人が直接年金保険料を納めるわけではありませんから、その人の死亡によって遺族年金を受け取ることはないのです。
                      (まぁ、保険料を払っていないから、掛け捨てになったということもないのですが…)


                      今までご覧頂いたとおり、年金は家族形態というか、どの年金に加入しているかや、男性か女性か、年齢はどうなのか?などと複雑です。
                      万一の場合の自分の家庭の年金の仕組みをしっかりと確認しておいて下さいね。



                      メールPCメールご相談が初めての方でも安心
                      まんがでわかる「FP彩ちゃんの聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」のホームページをご覧下さい。
                      かわいい家計簿も無料でダウンロードできますよ♪


                      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
                      「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
                      チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪






                      ■ 登録・解除フォーム

                      ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。








                      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
                      お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
                      「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
                      社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
                         
                       
                      | fpayachan | 年金 | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |