「私立高校は塾代がかからない」のウソ・ホント
0
    こんにちは、大阪・交野市の女性FP、前野彩です。
    http://www.fp-will.jp/

    「私立なら学校がしっかりみてくれるから、学費は高いけど塾代がいらないでしょ?」って、小さなお子さんをお持ちのパパ&ママと将来の教育プランをお聞きした時によく質問されるひと言です。

    私立は公立に比べて学費が高い分、そこだけ頑張ったらいいようなイメージもあるようなんですが、実態はそうでもないんです。

    もちろん、進学校であれば土曜日も授業をしたり、平日も補習をやったりと熱心な特色を出している私立学校もたくさんありますが、そこに通う子どもたちやその保護者も教育熱心。
    だから、学校で手厚い授業がありながらも、それ以外の時間に塾や予備校、家庭教師に行く子どもたちも少なくないのです。

    その結果、塾代にかかるデータを見ると、公立高校が平均18万円なのに対して、私立高校の生徒は平均26万円という状況が実態なのです。
    私立高校に通ったら、塾代がかからないわけではないんですね。

    私立高校を考えるなら、塾代がかかるかかからないかよりも、子どもの目指す将来像や学校生活を得るための学校というように考えて、その目的のための費用が私立学校の授業料というように考えた方がいいかもしれません。

    追伸★
    平日毎日ご覧下さっている皆様には申し訳ありませんが、9月2日、3日とブログ更新をお休みさせて頂きます。
    次は9月4日(金)ですので、どうぞよろしくお願い致します。
    ご訪問をお待ちしています♪

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
    チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪






    ■ 登録・解除フォーム

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。








    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
    「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
    社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ

    | fpayachan | 教育 | 21:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    奨学金の一括返済で10%トクするかも!?
    0
      こんにちは、大阪・交野市の女性FP、前野彩です。
      http://www.fp-will.jp/

      文部科学省が高校生の給付型奨学金の創設の検討に入りました学校

      実現すれば、来年度からは入学金や教科書代、修学旅行費など、
      年収350万円以下の世帯の高校生、約45万人が対象となる予定なので、
      厳しい収支の中で学費を捻出する親世帯にとっては、嬉しいことですね。

      最近は、給付型奨学金のような、返済不要の奨学金も増えてきていますが、
      基本は貸与型が多く、無利子か有利子かでさらにタイプが分かれます。

      最も有名な!?日本学生支援機構(旧 日本育英会)の奨学金も
      貸与型で無利子と有利子タイプがあるのですが、
      この無利子タイプの奨学金には、あまり知られていないオトク制度があります。

      それは、残高を一括返済するなら、
      5%・10%のいずれかの金額が報奨金
      として受取ることができることお金

      大きな条件は・・・
      ・無利子タイプの第1種奨学金を借りていること
      ・返済までの予定が49回以上あること
      ・全額返済すること


      これらの条件を満たした場合に、
      借入れた年度によって5%あるいは10%の報奨金がもらえるのです。
      奨学金を早く返済してもらえると、他の人の奨学金に早く充てれるので、そのための制度ですね植物

      ただし、これには借入れた年度という条件もあります。
      2005年4月以降に借入れた人には、残念ながらこの報奨金制度はありません。

      借入れた年度によっても報奨金の率も異なりますので、
      借入れた時の奨学金手帳を確認するか、
      日本学生支援機構に電話をしてみてくださいね携帯

      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
      「マネーのミニレシピ」メールマガジンをお送りしています。
      チョット知っておきたいマネー情報を第2・第4火曜日にお届けいたしますので、下記フォーム、あるいは右のリンクコーナーからご登録下さい♪






      ■ 登録・解除フォーム

      ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。








      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
      お一人でも多くの方に読んでいただくため、ブログランキングに参加いたしました。
      「ワンクリック×3&評価」のご協力をお願い致します。
      社長 経営者 ビジネス系ブログ情報 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ

      | fpayachan | 教育 | 05:51 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |